雲のやすらぎとモットンの口コミを徹底検証。腰痛対策にはどっち?

雲のやすらぎとモットンの口コミってどれがホント?

腰痛に効くマットレスは?

「腰に負担がかからない」「敷布団の寝心地」部門でランキング第1位の「雲のやすらぎ」

「雲のやすらぎ」は、敷布団としてだけでなく、腰痛マットレスとして使えることでも人気です。

ただ、「腰痛マットレス」で検索すると「モットン」も「雲のやすらぎ」と同じくらい評判がいいマットレスとして紹介されています。

でも、口コミに書いてることってホントなんでしょうか?

雲のやすらぎとモットンの画像

そこで、私が「雲のやすらぎプレミアム」「モットン」を実際に使って口コミを徹底検証し、ホントはどっちが腰痛対策に効果的なのかを調べました。

その結果、私の好みは「雲のやすらぎ」でしたが、「モットン」も寝返りがうちやすく腰痛が楽になり、とてもいいマットレスでした。

なお、例えば「雲のやすらぎがへたりやすい」という口コミは、もしかしてバージョンアップする前の「雲のやすらぎ」の口コミかもしれません。

また、敷きっぱなしでしたら「雲のやすらぎ」はオススメですが、厚みがあるのでかさばることもあり、頻繁に収納するのでしたら、三つ折りにしやすい「モットン」がオススメです。

このあと、実際に確かめた「雲のやすらぎ」と「モットン」の口コミの真実をお伝えします。

目次

雲のやすらぎプレミアムの特徴と口コミ

雲のやすらぎプレミアムの特徴と実際に使用している人たちの口コミを集めてみました。

雲のやすらぎプレミアムの特徴

雲のやすらぎプレミアムの特徴 腰痛に悩んでいる人から注目を集めている雲のやすらぎプレミアムの特徴はどこにあるのでしょうか。

最大の特徴は、腰の専門家である3名の整形外科の先生にその構造を認められたこと。
腰痛対策に必要なのは、「体圧分散」と「腰を温めること」、それが備わっているのは雲のやすらぎプレミアムだけなんです。

そして、最大の魅力は厚さ17cmで極上の寝心地が得られること。寝心地が抜群なので、一晩中ぐっすりと眠ることができるのです。
サイズもシングル、セミダブル、ダブルの3サイズから選べます。

また、高品質羊毛ロレーヌダウンが使われているのでぬくぬくとした温かさを感じられます。
体圧分散5層構造
高反発スプリングマットで実現されていることも、雲のやすらぎプレミアムの特徴です。

リバーシブルでオールシーズン使える
ため、夏場でも涼しく衛生的でもあります。
安心の日本製で1つ1つ丁寧に確かな品質をお約束しています。

さらに、雲のやすらぎプレミアムはへたりにくい仕様に生まれ変わりました。
へたりにくさを実証する、日本の第3者検査機関での80,000回の繰り返し圧縮試験で、0.1%しかへたらないことが実証されたんです。
100日間の返金保証キャンペーンも実施中。
雲のやすらぎプレミアム紹介動画
動画はコチラ

これらの特徴があるため、多くの人々から支持されている「雲のやすらぎプレミアム」。一度使ってみれば、これまでのマットレスとは異なる寝心地であることが実感できるので、さっそく試してみましょう。

良い口コミ(メリット)

雲のやすらぎの評価 ★★★★★ 30代/女性
寝ていても体の疲れが取れなくて困っている時に「雲のやすらぎプレミアム」を知りました。このマットレスは17cmの分厚さがあり、5層構造なのでとてもふかふかしていて、快適な寝心地です。それに、独自製法のクロスクラウド製法で体圧が拡散されるので体の一点が痛むことがありません。それにとても通気性がいいので汗をかいてもペタッとしない点も気に入っています。「雲のやすらぎプレミアム」を使い始めてからは体の疲れも取れるようになったので嬉しいです。


雲のやすらぎの評価 ★★★★★ 50代/男性
年を取ってから寝つきが悪く、また夜に何度も目を覚まし、深く眠れなくなりました。そんな時に「雲のやすらぎプレミアム」を知りました。この布団は厚さがあるので体が痛くなりませんし、体圧分散なのでとても寝やすいです。それに、高品質羊毛ロレーヌダウンで体温と湿度が維持されるので心地よいです。凹凸アルファマットは体にフィット感がありますし、秋冬面・春夏面があるリバーシブルなのでオールシーズン使えて便利なので気に入っています。


雲のやすらぎの評価 ★★★★★ 40代/男性
以前中国製の安い高反発マットレスを購入したら、品質が悪かったのかすぐにかびが生えたりして最悪だったのですが、雲のやすらぎプレミアムは日本製なので安心だと思い購入しました。少し値段はしますが、安全に使えるのでいい買い物だったと思っています。毎日快適な睡眠ができていますし、寝返りも楽なのでとても気に入っています。もうこのマットレス以外のものでは眠れないのではないかと思っています。これからも使っていきたいです。


悪い口コミ(デメリット)

雲のやすらぎの評価 ★★ 40代/女性
雲のやすらぎプレミアムはインターネットの口コミで評判が良かったので購入してみたのですが、確かにちょうどいい反発力があるマットレスで寝心地はとてもいいのですが、折りたためないところが難点だと感じました。


雲のやすらぎの評価 ★★★ 60代/女性
腰痛があり困っている時に、娘から雲のやすらぎプレミアムをプレゼントされました。最初はとても腰に良いので気持ちよく使っていましたが、このお布団は重いので押し入れに入れる時に持ち上げるのが大変なので困っています。畳に敷いて使っていますが、畳だと起き上がりも大変なのでベットに変えて使ったら良いと感じました。ポリームがあり、腰痛にはとてもいいものですが、もう少し重くない方が年寄りにはありがたいと思います。


雲のやすらぎの評価 ★★★ 40代/男性
体の疲れが取れなくて困っている時に雲のやすらぎプレミアムを知りました。この布団は厚さがあり体圧を拡散してくれるのでとても寝やすく良かったのですが、折りたたむことができないのでベランダに干すことができないので湿気がどうしても溜まってしまいカビが生えやすいのがデメリットです。公式サイトでは「日が入る部屋に立て掛けて干す」ことを推奨していますがそれもなかなか難しいところがあるのでそれだけがデメリットだと感じました。

モットンの特徴と口コミ

モットンの特徴と実際に使用している人たちの口コミを集めてみました。

モットンの特徴

モットンの特徴仕事や日常生活において、知らないうちに腰には負担がかかっているものです。デスクワークなど、1日中座りっぱなしという方も腰に負担がかかっています。

人は寝ている時に寝返りを打つことにより筋肉を休ませています。モットンは、自然に寝返りを打つことに重点を置いたマットレスです。

なお、モットンは、厚さ10cmでシングル、セミダブル、ダブルの3サイズから選べます。

また、体重に応じて、100N(柔らかめ)、140N(普通)、170N(硬め)から硬さが選べるマットレスとなっています。

硬すぎたり、柔らかすぎるのは、自分の体重に合っていない硬さのマットレスを選んでしまったのかもしれません。

モットンは、硬さが合わない場合、返金保証期間内であれば、配送手数料3,942円/個のみで1回だけ交換できます。

硬さが合わない人は、ぜひ、気軽に問い合わせてみてください。

また、どんな高級な敷布団やマットレスでも、使えば使うほど劣化が生じ、体圧分散がしづらくなりますが、モットンは80,000回の耐久試験をおこない3.9%へたる程度、つまり他の敷布団と比較して3倍近くの耐久性を持つことが証明されています。しかも、90日間の返金保証あり。

ですが、中国製なので、性能試験の結果通りの耐久性なのか、少し心配になりますよね。

でも、私は、1年以上モットンを使っていますが、へたった感じはないので、普通に使っていれば、耐久性は問題ないと思います。

ただ、今、人気の夏・冬のリバーシブル設計ではないので、冬にフローリングにそのまま敷いて使うと、通気性がよい分、少しひんやりするので注意が必要です。

良い口コミ(メリット)

モットンの評価 ★★★★★ 40代/男性
モットンは、知り合いがいい高反発マットレスを見つけて使ったらとても良かったと教えてくれたので、厚さ10cmのくせに快適なのかと心配でしたが、腰痛持ちの私にはいいかもしれないと思い、買ってみました。腰痛への効果はまだよく分かりませんが、寝返りも楽ですししばらく使ってみようと思います。


モットンの評価 ★★★★★ 30代/女性
モットンのことはいい高反発マットレスがないかネットで探していた時に見つけて、購入して使ってみたのですが、寝心地がいいのでとても気に入っています。蒸れやすいマットかと思えば、通気性がよくカビが生えにくいので今のところお手入れをする手間も省けるしいいです。はじめは厚みがそんなにないのでどうかと思いましたが、寝返りも楽にできるし、購入してよかったなあと思いました。


モットンの評価 ★★★★★ 40代/男性
モットンは友人が購入していていいマットレスがあると勧めてくれたので買ってみたのですが、厚さ10cmは少し物足りないですが、とても軽いし折りたためるので、押し入れに出し入れするのも楽で助かっています。


悪い口コミ(デメリット)

モットンの評価  40代/女性
モットンの商品説明をネットで見てとてもいいと感じたので買ってみましたが、中国製であることを知らずに買ってしまいました。軽いのはいいのですが、品質の割には値段が高いと感じました。でも、マットレスがダメになるまで使い続けるしかないかなあと諦めています。


モットンの評価 ★★ 50代/女性
腰痛持ちなので、腰に良くぐっすり眠れると言うモットンを購入してみました。使用してみると、ウレタンマットの臭いがきつく寝ていても少しつらい部分がありました。風に当てたり、消臭スプレーをしてやっと良くなったので良かったですが、臭いは何とかしてほしいと思いました。また、ウレタンマットはたたみずらく干しにくいので裏面に湿気がたまりやすいのがデメリットだと思いました。


雲のやすらぎとモットンとの口コミ比較で挙げられる5つのポイント

雲のやすらぎとモットンの口コミ比較

雲のやすらぎとモットンの口コミを比較した結果、雲のやすらぎのデメリットとされる5つのポイントを発見しました。それらのポイントについて、実際に雲のやすらぎプレミアムを体験して感じたことから一つ一つ検証してみたいと思います。


1.雲のやすらぎよりモットンのほうが腰痛にいいってほんと?

雲のやすらぎは整体院の院長のご推薦

口コミを読んでいると、バージョンアップする前の雲のやすらぎのことが書かれているのがほとんどです。

新しくなった雲のやすらぎプレミアムは高反発スプリングマットにより体圧分散力が向上しています。

さらに新クロスクラウド製法により、点で支えて高反発の力で押し返すことにより、寝返りが打ちやすくなりました。

雲のやすらぎプレミアムは腰痛の専門家である整形外科医の先生のアドバイスをもとに作られています。

先生曰く、腰痛対策には「凹凸加工の体圧分散」と「腰を温めること」が重要である、ということ。

体の重い部分である「腰」に負担をかけない体圧分散はもちろん、通常慢性的な腰痛の場合、“腰を温めなさい”と言われます。

寝ている時も同様。布団をかけている体の上部は温かいかもしれませんが、背中、腰、お尻などの下部は温まっていないのです。

寝ている時も温まっている方が腰痛対策には良いのは明らかですね。

腰痛対策に必要な「凹凸加工の体圧分散」と「腰を温めること」が備わっているのは雲のやすらぎプレミアムだけなんです。

雲のやすらぎプレミアムを実際に使用してみると、ふかふかで寝心地が良いだけでなく、朝起きた時の腰の感じが、前に使っていた敷布団の時とは全然違いました。

不自然に体が沈み込むこともなく、寝返りが打ちやすくて、日々使うごとに腰痛が軽くなったんです。

心地よく眠れるようになったおかげで腰だけでなく目覚めも楽になりました。

モットンと比較してデメリットとされていた腰痛への効果ですが、リニューアル後の雲のやすらぎは、腰の専門家である3名の整形外科の先生にその構造を認められて寝返りもモットンと同じくらいに打ちやすくなっており、モットンと比較してもデメリットを感じません。

2.雲のやすらぎとモットンのへたりやすさは?

雲のやすらぎの高反発で押し返す画像


雲のやすらぎはへたりにくい

雲のやすらぎプレミアムは、日本の第三者検査機関における80,000回の繰り返し圧縮試験で、厚みの低下率が0.1%!
99.9%復元でへたりにくい、高品質素材ということが実証されました。

それに対してモットンは、 1分間に60回布団の厚みが半分になるように圧縮し、80,000回に達した時点での厚みの歪み率は3.9%との試験結果が出ています。

雲のやすらぎ
モットン
厚みの低下率0.1% 歪み率3.9%

(※80,000回の圧縮試験結果)

表で比較しても分かるように、へたりにくさでは雲のやすらぎに軍配があがるようです。

雲のやすらぎは復元率100%

なお、雲のやすらぎは圧縮弾性試験でも復元率100%で、ずっと変わらない寝心地を実感できます。

さらに雲のやすらぎのマットレスは日本製のウレタンを使っているのに対して、モットンのマットレスは中国製のウレタンを使用しています。実際に使っていて品質の差は分かりませんが、日本製にこだわるのであれば雲のやすらぎがオススメです。

雲のやすらぎはへたりやすいという口コミをたまに目にしますが、モットンと比較しても、へたりやすいとは言えないと思います。おそらく、「へたりやすい」との口コミは、リニューアル前の雲のやすらぎのものではないでしょうか。

3.雲のやすらぎは日本人向けに作られていない?

雲のやすらぎは日本製

雲のやすらぎは、日本製のウレタン、ポリエステル、羊毛それぞれにこだわっていて直に目でしっかりと見たものしか使用していません。

日本の工場で作っているので、完全に腰痛に悩む日本人向けの製品です。

日本人の工場長が腰の悩みを解決したい!と何度も何度も試行錯誤してできた自信作であり、納得の品質。

日本の職人が1つ1つ丁寧に作っているので安心ですね。

4.モットンと比べて雲のやすらぎは重い?

雲のやすらぎを持ち上げた画像

雲のやすらぎはモットンと比べて重いという口コミをたまに見かけますが、雲のやすらぎのシングルサイズが6.7kgなのに対して、モットンのシングルサイズは7.5kgです。

このデータは公式ページに記載されているので間違いありません。

しかも雲のやすらぎプレミアムは6.7kgなので女性の私でも両手で持てばそう重くはありません。

ただし、モットンよりも雲のやすらぎの方が分厚い分、三つ折りにするのに一苦労で、持ちにくいかもしれません。

5.雲のやすらぎには返金保証はない?

雲のやすらぎの100日間返金保証

モットンには90日間の返金保証があり、雲のやすらぎには返金保証がないという点もよく雲のやすらぎのデメリットとして口コミで見かけますが、実は雲のやすらぎにも返金保証があります。

しかもモットンが90日間なのに対して、雲のやすらぎは100日間の返金保証キャンペーン実施中で、モットンよりも保証期間が長いんです。

商品受取日から100日間使用した後、15日間以内に電話で連絡をして、アンケート用紙と一緒に送りさえすれば、商品代金を返金してもらえます。

実際に試してみて満足できなければ返品できるのは、消費者にとって、とても安心ですね。

品質に絶対の自信があることから寝具業界で最長水準の返金保証100日が始まった「雲のやすらぎプレミアム」。
モットンと比べてみても、10日間も長く試せるのはいいですね。

> 雲のやすらぎの詳細はこちら


雲のやすらぎプレミアムを最安値で買うにはやっぱり楽天?それとも公式?

楽天ヤフーショッピング
アマゾン
公式サイト
【価格】39,800円(レビューで送料無料) 在庫切れ 【価格】39,800円(送料無料)
    返金保証キャンペーンあり

(※シングルサイズで比較)

雲のやすらぎプレミアムは独自の体圧拡散製法である新クロスクラウド製法を採用、寝ている間に背骨をしっかりと点で支え、高反発の力で押し返してくれるので、腰痛マットレスとしても人気のあるマットレスです。

コスパは良い商品なのですが、せっかく買うなら少しでもお安くお得に買いたいですよね。

そこで雲のやすらぎプレミアムを最安値で買うために、それぞれの通販サイトでの価格を調べてみました。 現在、雲のやすらぎプレミアム購入することが出来るのは、大手ネット通販サイトの楽天とヤフーショッピング、公式サイトの3サイトです。

価格はすべて税込み39,800円ですが、公式サイトは無条件で送料無料なのに対して、楽天とヤフーショッピングは商品到着後レビューを書くという条件付きで送料無料になります。

「レビューを書くのは面倒」「公式サイトが一番信用できる」こういった点からも無条件で送料無料になる公式サイトが手間もかからず安心でお得ですね。

そして公式サイトで購入する一番のメリットは返金保証キャンペーンが行われていることです。
実際に100日間試してみて、合わなければ返金してもらえるシステムはとても安心なので公式サイトで購入するのが一番お得ですね。

> 雲のやすらぎを一番お得に手に入れる

腰痛の原因

腰痛の原因

結論から言うと、腰痛の85%は原因不明だそうなんです!

腰が痛いんだから、痛みの原因は腰にあると思ってレントゲンなどの画像検査をしてもらっても腰に明らかな異常は見られない。

こんな経験はありませんか?

そうそう。湿布だけもらってなんとなく湿布を貼ってると腰痛が良くなってきてる気がする・・・みたいな。

もしかしたら長引く腰痛は“脳の錯覚”かもしれないんです。

脳が腰痛を長引かせる仕組み

“脳の錯覚”が腰痛を長引かせる仕組みは以下になります。

(1)腰に何らかの痛みを覚える
(2)痛みの記憶から、不安や恐怖が残る
(3)ストレスによって脳の鎮痛システムが鈍る
(4)幹部は治っても、脳が痛みを感じ続ける
(5)長引く痛みから新たなストレスが生まれ、悪循環が続く

思い当たる方いらっしゃいますか?
筋力を維持して痛みへの不安を克服するために、心身両面から治療していくことが、心因性腰痛には大切です。

腰痛治療のQ&A

腰痛治療のQ&A

「病院で行われる腰痛治療について知りたい」、「家でしている腰痛対策、本当にこれでいいの?」
腰痛治療について、疑問に思うのはズバリこれ!よくある疑問についてお答えします。

Q.抗うつ薬を出される場合もある?

A.慢性腰痛の場合、痛みが長く続くと気分が落ち込んでうつ症状を併発することがあるため、抗うつ薬を使うことがあります。
また、抗うつ薬は脳内でドーパミンを生産して痛みを抑制する働きがあり、投与すると痛みが劇的に治まるケースもあります。

Q.コルセットを着けると筋力が低下する?

A.コルセットは、装着することで腹圧を維持できるため、重量物を動かすときなどの動作がラクになることがあります。

だからといってコルセットに頼りきって継続装着していると筋力が低下するということは、基本的にはありません。コルセットを装着することで腰痛がやわらぐ、安心感があるという場合は、普段から使っても構わないと思います。

また、抗うつ薬は脳内でドーパミンを生産して痛みを抑制する働きがあり、投与すると痛みが劇的に治まるケースもあります。

Q.急性腰痛なら冷やし、慢性腰痛なら温める?

急性腰痛なら冷やす温める?

A.よく、急性痛の場合は炎症を抑えるために冷やし、慢性痛の場合は血流を改善するために温めるといわれます。

理にかなった治療法のように聞こえますが、実のところ腰痛に限っては、温冷どちらが有効かという科学的根拠はありません。

要は、痛みが緩和されればいいわけですから、気持ちがいいと感じるほうを使っていただいて構いません。

Q.牽引療法には、実は効果がない?

A.牽引療法とは、脊椎を上下に引っぱって椎間板の変形を元に戻したり、椎間板内圧を軽くして腰痛を軽減しようというものです。

整形外科医院や接骨院などでは日常的に行われていますが、実はこの牽引療法も腰痛治療に有効であるという科学的根拠は報告されていないのです。

牽引をして腰痛が緩和された、気持ちがいいと感じるなら続けて結構ですが、効果が感じられないときは、ほかの療法に切り替えた方がいいでしょう。

> 雲のやすらぎで腰痛対策

腰痛に効くマットレスって?

腰痛に効くマットレスって?

腰痛改善には心身両面から治療していくことが大切ということが分かりました。

心身両面からの癒しといえば睡眠。癒されるべき睡眠時間にこそしっかりと腰痛について対策すべきですよね。

しかも一日の大半を過ごす場所なのですから。 腰痛に効くマットレスについて調べてみました。

マットレスの種類

マットレスには大きく4種類あります。

・ボンネルコイルスプリングマットレス
・ポケットコイルスプリングマットレス
・低反発マットレス
・高反発マットレス


これらのマットレスの中で、腰痛の人に向いているのはどのマットレスなのかを考えてみましょう。

ボンネルコイルスプリングマットレス

ボンネルコイルマットレスのメリットとしては、畳や床で寝ていた人は寝心地が似ているため、ベッドを初めて買う人でも寝心地に違和感を感じにくいことが挙げられます。
さらに値段の割に耐久性が優れている点もメリットです。

ただしデメリットとしては、一カ所の振動が全体に伝わるため、隣で寝ている人の振動が伝わってしまうことがあります。

さらにお尻や肩に荷重がかかりやすいのが特徴です。

折りたためないという意味では収納にも向いておらず、ベッドでしか使えないマットレスです。

ポケットコイルスプリングマットレス

ポケットコイルスプリングマットレスは、1つ1つのばねが、不織布でできたポケットの中に入っているという構造をしています。

ポケットコイルスプリングの最大の特徴は、それぞれのポケットコイルがバラバラに独立していることです。

背中や腰など、体重が特にかかるところだけが沈むため、マットレスが寝ているときの姿勢に合わせて変形するので、自然な姿勢で眠ることができます。

ポケットコイルの数が多いマットレスは、高い反発力と耐久性を持っています。体が寝具に沈んでしまうと、背骨に負担がかかり、寝返りもしにくくなるので、腰痛になりやすいですが、ポケットコイルの数が多ければ、その心配がありません。

ポケットコイルスプリングは独立しているので、ダブルベッドでも自分の動きで隣の人を起こす心配が少ないというメリットもあります。

低反発マットレス

最近は低反発ウレタンを利用したマットレスが人気を集めています。
低反発マットレスの特徴はどこにあるのでしょうか。

まずひとつめは、身体に合わせてへこみができるので身体の曲線にフィットするということです。

寝ている時間はもちろんのこと、目が覚めたときに疲労が取れていることに気づきます。よい睡眠を取ることによって、身体のふしぶしの痛みだけでなく身体の調子がよくなるころが知られています。初めて低反発マットレスを使った人は、その寝心地のよさに驚きます。

ただし腰痛の原因は姿勢が悪いまま寝ていることなので、腰痛に悩む人にとっては低反発ウレタンだと頭やお尻が沈み込んだ状態になってしまう恐れがあります。

小柄な女性や体重の少ない人に向いているマットレスとして人気です。

高反発マットレス

高反発マットレスは高反発ウレタンなどを素材としていて、力に対する変形において、形状の戻りが早いというのが特徴です。

そのため、寝返りをうつときに少ない力で寝返りをうつことが出来るほか、高反発ウレタンの特徴で保持力もあるので、背骨のS字カーブが歪んでいる人や腰痛の人もおすすめです。

これらのことから、高反発マットレスは妊婦さんや太っている方にもおすすめです。
少ない力で体の姿勢を変えることが出来るのです。
体圧分散に優れているので腰への負担が多い人向けということもいえるでしょう。

また、大柄な人や筋肉質な人にも向いていて、体重が重く低反発ではマットに沈み込みすぎてしまうような人でも高反発ならしっかりと体を受け止めてくれます。

腰痛マットレスを選ぶ時の4つのポイント

腰痛マットレスにおすすめなのは高反発マットレスだということは分かりました。
でも何を基準に選んだらいいの? 腰痛マットレスを選ぶ時に参考にしていただきたい4つのポイントがあります。

・適度な硬さがあるマットレスが良い
・快適に眠れるマットレスが良い
・通気性に優れているマットレスが良い
・厚手のマットレスが良い

これらのおすすめポイントについて一つ一つ考えていきたいと思います。

適度な硬さがあるマットレスが良い

腰痛マットレスを選ぶ際には、適度な硬さがあるものにしましょう。

柔らかすぎるものだと、身体が沈んで姿勢が悪くなってしまうからです。

そうなると、さらに腰痛が悪化してしまう危険があるのです。まずは、マットレスに乗ってみて寝心地がいいかを確認してください。
それが、自分の体型に適した腰痛マットレスを選ぶ基準となります。

おすすめなのが、自分がマットレスに乗っているときに横から誰かに見てもらうことです。

体重が腰痛マットレスにかかっているときにどれだけへこみができるのかを確認するのです。
背中や腰、お尻の部分が特に重要です。ある程度の反発があるほうが腰痛改善に効果的です。柔らかければいいというのは誤解なのです。

快適に眠れるマットレスが良い

人は生活の時間の多くを睡眠にあてていて、睡眠の時間というのはかなりの時間を占めています。
ですから、腰痛マットレスはしっかりとしたものを選ぶことが大事となります。

マットレスは寝心地が良いだけではなく、腰痛にならないように楽な姿勢で眠れるということや寝返りが楽にうてるということも大切です。
睡眠の時間というのは腰に大きな負担をかけることになる時間でもあるので、快適に眠れて腰や肩、首といった人の生活の基本となるところに、力が集中的にかからないようなマットレスを選ぶことがとても大事になるのです。

通気性に優れているマットレスが良い

腰痛改善に効果があるマットレスを購入する際は、通気性があるものを選んでください。
その理由は、汗をかいて蒸れるのを防ぐことにあります。

通気性が悪いと汗が吸収されずに冷えの原因になっていまいます。
そして、その身体の冷えがさらなる腰痛を招いてしまうのです。

そうならないためにも、腰痛マットレスを買う際には通気性に優れているものを購入しましょう。
商品の紹介に通気性のことが書かれているものを選ぶことによって、商品選びで失敗することがなくなります。

腰痛を改善させたいのであれば、身体の姿勢を保つためにマットレスと共に、身体の熱が逃げないように工夫されているものを使いましょう。
商品説明をよく読むことが大切なのです。

厚手のマットレスが良い

マットレスを使う際には、厚手のものを選ぶようにしましょう。
特に、腰痛がひどいときにはクッション性がよい影響を与えてくれます。

身体の痛みは、体圧の負担が原因となっていることが多いのです。
身体の痛みを感じている人こそ、厚手のマットレスを使ってみましょう。

腰痛が軽くなることがありますので、厚みによってマットレスを選ぶことが大切です。
寝心地の良さは、身体の重みを分散することができるかにかかっています。

腰痛マットレスは、体圧を分散させる働きを持っているのです。
まずは、その寝心地のよさを感じてみましょう。

ストレスのない睡眠をとることができますので、一日の活力を得ることもできます。毎日を元気に過ごすためにぜひ厚手の腰痛マットレスを使ってください。

厚手のマットレスは値段が高いんじゃ?

厚手のマットレスは薄手のマットレスより値段が高いという先入観がある人は少なくないでしょう。
価格はマットレスの厚さで決まっているわけではありません。
価格が決まる要素はさまざまなものがありますが、たとえば腰痛防止効果があるかどうかによっても変わってきます。

もちろん、腰痛防止効果が高いものであれば価格が高くなる傾向にあります。
つまり、機能と値段は比例することが多いと考えられます。

腰痛マットレスを買う際には、どのくらいコストがかかるのかも大切ですが、費用対効果が最も大切です。
どんな機能があるのかをよく確認するようにしましょう。
マットレスが厚手だからと言って値段が高くなるわけではないことを知っておいてください。

> 腰痛の人には雲のやすらぎ

妊婦さんの腰痛を和らげるマットレス

妊婦さんための腰痛マットレス

妊娠初期や妊娠後期など、腰痛で苦しんでいる妊婦さんは少なくありません。
妊婦さんの腰痛を和らげるマットレスがあれば・・と思い調べてみることにしました。

妊婦さんはなぜ腰痛になりやすいのか?

妊婦さんに多い悩みとして腰痛がありますね。妊娠していなくても腰痛を感じると日常生活を送るのが困難になるのに、妊婦さんであるとさらに辛くなります。

妊婦さんが痛みを感じるのは、妊娠の時期によって原因が異なります。
妊娠初期の場合は、卵巣ホルモンの一つであるリラキシンが分泌され、関節やじん帯を緩めます。

骨盤を少しずつ広げることによって出産への準備がはじまります。緩んでしまった骨盤を腰の筋肉で支えるので痛みが生じてしまうのです。

妊娠後期になると、赤ちゃんが大きくなり、それと同時に妊婦さんのお腹も出てくるので、姿勢が悪くなったり、重心が前に移動したりするので、腰に負担がかかってきます。

腰痛を軽減するには、片膝を床につけてゆっくりと行動する、冷え性に気を付けて筋肉を柔らかくする、ということを行うと良いですよ。

妊婦さんのマットレス選びの重要ポイント

妊婦さんは体が急激に変化していきます。おなかが大きくなり、重くなってくるため、それまでの体制では苦しいという事も起こってきます。

特に横になった時は影響を強く感じがちです。おなかの大きさから寝返りが打ちにくく、うつぶせができなくなるので、体制を変えられなくても影響が出にくいように、体圧分散できるもので、血流を止めてしまうことがないようにマットレス選びをしていきましょう。

また、妊婦さんの悩みの一つに腰痛があります。大きなお腹を支えるために腰の筋肉を常に使っているため、負担がかかりがちだからです。
夜間体を休めるときには腰痛マットレスを使う事で出来るだけ腰への負担をかけないようにしていきたいものです。

太っている人や大柄な人にも良い腰痛マットレス

毎日使うマットレスは、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
マットレスには、様々な種類があり、素材や構造、硬さが異なっています。
特に太っている人や大柄のスポーツ選手にとって、マットレス選びは重要です。

薄いマットレスや柔らかめのマットレスは、体の大きい人が使うと、体が沈みやすくなるため、腰への負担がかかってしまいます。
マットレスに体が沈みこんでしまうと、寝返りを打ちにくくなるので、自然な姿勢で眠ることが難しくなります。

腰痛マットレスの中で、体が沈みにくいという特徴を持っているのが、高反発マットレスです。
高反発マットレスは、体重がかかっても、それを跳ね返す構造になっているので、体が大きい人が使っても安心です

高反発の腰痛マットレスは人気が高く、様々な商品が販売されています。

筋力のある人にも良い腰痛マットレス

体重がかなりあることにもなるのですが、高反発マットレスは反発力のある腰痛マットレスですので、体重を受け止めて反発する力があるのです。
そのため寝返りがスムーズにうてることにもなり筋力がある人にも良いわけです。

ですから、高反発マットレスは体重がある人や妊婦にも良いといってもいいでしょう。
圧力を拡散して点ではなく面で受けるようにしてしっかりと受け止めてくれます。

反対に低反発だと沈み込みが大きくなってかえって圧力が集中することが出来なくなったりするところが出てくることがあります。

アスリートがおすすめするマットレスはコレだ!

アスリートをはじめとするスポーツ選手が勧めているマットレスには、様々なメーカーの物があります。

睡眠は、体調管理の中で最も重要なポイントとなります。
理想的な睡眠を取る事が出来るマットレスのメーカーとしマニフレックスや西川エアーマットレス、エアウィーヴ、ドルメオ等がトップアスリートから高評価を受けています。

マニフレックスでは、スプリングレスマットを採用されており、体圧の分散が出来ます。
エアウィーヴも優れた体圧分散や通気性が抜群に良く夏には蒸れる事が無いです。

西川エアーマットレスは、名前の通りエアーマットレスを採用し点で支えるコンディショニングマットレスを実現されています。
トップアスリートから支持を受けており、いずれのメーカーも良質な睡眠を取る事が出来るのです。

腰痛持ちのあなたは、ベッド派?それとも布団派?

腰痛持ちの人におすすめの寝具っていったいなんなのでしょう。
腰痛改善に適しているのはベッドなのか布団なのか。
腰痛の人に適したベッドや布団について調べてみました。

ベッドと布団、腰痛改善に適しているのは?

ある程度の年齢になると誰もが経験する痛みに腰痛があります。
一時的な筋肉疲労ではなく慢性的な痛みになると、仕事や家事でも支障をきたすことがあるので、ひどくなる前に生活様式などを見直して腰痛改善を図るのは大切です。

特に寝具選びは腰痛に大きな影響がありますが、布団かベッドのどちらを選ぶかで言えば、適度な硬さのある布団を勧める専門家は多くいます。
寝心地が良いと感じるベッドでは、寝ているときにどうしても体が沈み込む傾向にあるので、寝返りを打ちにくくなり結果的に腰に負担がかかることになります。

フローリングの部屋などでベッドを選ばなくてはならない事情がある場合には、高反発の腰痛マットレスを選ぶことで腰痛改善を期待できます。

腰痛の人に適したベットとは

腰痛の人に適したベッド
腰痛の人に適したベッドは、ある程度の硬さがあったほうがいいでしょう。
スプリングがあると、身体の重さに合わせてベッドが反発してくれるのでおすすめです。

マットレスは柔らかすぎず、かと言って硬すぎもしないものを選んでください。
腰痛改善に効果のある腰痛マットレスは、身体の曲線に合わせてつくられています。
寝返りが自然にできるように設計されているのです。

また、ベッドのメリットは寝具の上げ下げをしなくていいところにあります。
布団だと、とうしても毎日寝具を上げ下げしなくてはならず、腰に負担がかかってしまいます。

腰痛マットレスを使用すれば、そのような上げ下げは不要となります。まずは、腰痛マットレスを試してみましょう。

腰痛の人に適した布団とは

腰痛の人に適した布団

腰痛マットレスに敷布団を使うと、腰痛改善に効果的です。
最も大切なことは、敷布団やマットレスの厚みを確保することです。

しっかりとしたクッション性があることによって、腰が安定します。
その安定こそが、腰痛マットレスがもたらす効果です。

また、湿気を予防するための通気性も大切なポイントとなります。
敷布団を片付けるときに上げ下げすることによって、通気性がよくなり衛生面でも万全となります。
まずは自分がマットレスを使ってみて、得心地がいいかを確認してみてください。すこし硬さを感じる程度がちょうどいいでしょう。

柔らかすぎても腰に負担がかかってしまうことを知っておいてください。部屋の様式に合わせてスタイルを選ぶことが可能です。

正しい寝方で腰痛マットレスの効果をアップさせよう

腰痛マットレスの効果を上げるには、どのような使い方がいいのでしょうか。

まず、腰痛に効果的な寝方を身に付けてください。しっかりと身体の体重をマットレスに乗せてあげることが大切です。

それができるようにするには、体型にあった腰痛マットレスを使うことが大切です。
身体に合っていないマットレスを使うと、それが腰痛マットレスであっても高い効果を期待することはできません。

最初にマットレスに乗ってみて、自分の身体が楽かどうかを確認しましょう。
できれば、他の人に横からマットレスのへこみ具合を見てもらってください。

身体の曲線にあったマットレスかどうかが分かるからです。腰痛改善のためには、慎重にマットレスを選ぶことが大切です。

腰痛マットレスは肩こりや首の痛みにも効果がある?

腰痛マットレスを使用すると、肩こりや首の痛みにも効果があると言われています。

腰への痛みがある場合には、腰痛マットレスを使ってみましょう。
首痛の緩和にもつながりますので、まずは積極的に腰痛マットレスで寝てください。

身体の曲線に適したマットレスを使えば、自然な形で寝返りができます。
しっかりと寝返りができることによって、背痛もなくなっていきます。

仰向けで寝たり、横向きに寝たり、自分が一番寝やすい恰好が最適です。
もっともいけないことは、合わないマットレスを使ってしまうことです。

腰痛に有効な寝方によって、身体が楽になります。
なかなか身体の痛みが消えないときは、マットレスを変えてみることをおすすめします。

腰痛マットレスを選ぶ時に重要なポイントとは

多彩な腰痛マットレスがありますので、最も自分に適したものを選んでください。

では、どんなマットレスがいいのでしょうか。
まずは、衛生面の配慮がなされているものが最優先となります。
抗菌タイプのものであれば安心して使用することができます。

そして、その次に大事なポイントが疑問点や不安な点などの問い合わせに快く応じてくれるかどうかです。
問い合わせに応じる体制が万全なメーカーが発売している腰痛マットレスであれば、さらに信頼して使えるでしょう。

値段も気になるところではありますが、毎日使うものですから、コストパフォーマンスの観点や口コミの評価で選んでくださいね。

雲のやすらぎプレミアムとモットンの口コミ検証まとめ

腰痛マットレスを選ぶ時に重要なポイント

「雲のやすらぎプレミアム」と「モットン」を実際に購入して、口コミを検証してみたところ、「雲のやすらぎ」と「モットン」の口コミは必ずしもホントのことが書かれているわけではないと分かりました。


例えば、「雲のやすらぎ」は腰痛の専門家のアドバイスをもとにリニューアルがされていて、返金保証のキャンペーンも行われています

【雲のやすらぎとモットンのまとめ】
※私個人の見解です

性質 雲のやすらぎ モットン
厚み 17cm 10cm
材料 羊毛ロレーヌダウン(上質な背中の毛)など5層構造でリバーシブル 単層のウレタンフォーム
生産地 日本製 中国製
返品保証 100日間 90日間
収納性※ たたみにくい(収納ケースあり) たたみやすい(収納ケースなし)
寝返り※ うちやすい うちやすい
寝心地※ ふわふわ 硬め
体圧分散性※ 良好 良好
へたりやすさ 厚みの低下率0.1%(8万回) 歪み率3.9%(8万回)
復元率 100% 記載なし
硬さ 1種類 3種類から選べる
通気性※ よい よい
暖かさ※ 冬でも暖かい フローリングだと少し冷たい
値段
公式サイト
シングルサイズ
39,800円 39,800円

私がオススメの雲のやすらぎは、雲のやすらぎプレミアムにバージョンアップしてから、独自の体圧拡散製法により体圧拡散の力がアップして腰痛マットレスとしての能力がアップしています。

また、高反発スプリングマットが採用されたことにより、寝返りをサポートしてくれるようになったのでさらに腰痛マットレスとしての能力が向上しており、3名の腰の専門家である整形外科医が腰痛対策にとすすめる高反発マットレスです。

モットンとの比較で雲のやすらぎのデメリットとして一番多く見かけた、雲のやすらぎはへたりやすいという口コミに関しても、雲のやすらぎは、へたりにくさ・高品質において、公的な検査機関で高品質が証明されて証明書も公開されているので安心です。

もう一つ、モットンとの比較で雲のやすらぎのデメリットとして返金保証がないことが口コミで挙げられていましたが、雲のやすらぎは100日間返金保証キャンペーンをおこなっています。

このように、17cmの厚みで雲の上で寝てるように寝心地が良い日本製で高品質、リバーシブルで一年中使える腰痛マットレスとして専門家のお墨付き+へたりにくいことが実証されている+100日間の返金保証があることから、私のオススメは「雲のやすらぎプレミアム」です。

雲のやすらぎとモットンを折りたたんだ画像

また、実際に購入してみて嬉しかったのは、モットンとは違い収納袋がついていることでした。しかも無公害フィルムで出来ているそうなんです。

一方、「雲のやすらぎ」は、写真を見ても分かるように、かなりの厚みですので、三つ折りにするのが一苦労です。

なので、頻繁にマットレスをたたむ必要がある場合はモットンをオススメします。

また、硬めの寝心地が好みの人にもモットンがオススメです。

腰痛を改善するには一日の内の睡眠時間を過ごす寝具が腰痛に良いかどうか、心身ともに安らげる寝心地かどうか、腰痛マットレス選びがとても大切です。

雲のやすらぎの上で横たわるわたし

なので、腰痛マットレスを選ぶときは、マットレスの使い方や好みの寝心地などを考えて、本当に自分に合ったものを選んでくださいね。

> 雲のやすらぎの公式サイトはこちら

↑ PAGE TOP